橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ
コラム

【商談ではなく相談】

2014年5月28日

著しい業績アップを続ける金沢本社の物流企業、アクティーには、 意外にも、営業部門が存在しません。 社長の喜多甚一氏は、「営業はしない方がよい」という考えを持って いるからです。 ただし、同社も、3年前までの2年間は、顧客管理を目的として、 ...

【天職発想=自責型】

2014年5月26日

船井総研創業者の舩井幸雄は、『天職発想』という概念を説きました。 クレドにも、この項目があり、以下のように記載されています。 > 目の前の与えられた仕事に夢中になって一所懸命にやりましょう。 > このことは、自分の使命を果たすことになります...

【真似しても古い】

2014年5月26日

北海道真駒内にあるミシュランガイド一つ星の寿司店、「鮨一幸」の 大将、工藤順也氏は、まるで研究者のように、緻密に調理法を追求 する職人です。 例えば、シャリの温度とネタの合わせ方や、ネタの種類ごとの保管 温度などについて、データを採って研究...

【ダメな会社のWEBサイト】

2014年5月26日

日本トップレベルのファンドマネージャー、藤野英人氏は、WEB サイトに、あるものが載っていない企業は、投資先として要注意だと 言います。 それは、社長と役員の顔写真です。 最低でも、社長の顔写真が載っていなければ、『ダメな会社』だと 断じて...

【仕事の愉しさ】

2014年5月21日

経営コンサルタントの小宮一慶氏は、会社が、社員のモチベーション アップ策に注力することほど、無駄なことはないと断じています。 そして、その理由を解説するために、「ディズニーランドへ行って、 『さあ、モチベーションを上げよう!』と思う人はいな...

【温顔無敵】

2014年5月 9日

船井総研創業者の舩井幸雄は、生前、『温顔無敵』を推奨して いました。 ある著書にて、次のように記しています。 > 笑顔で人に接することには、何のコストも手間もかからない。 > それでいて、とても喜んでもらえる。 > 笑顔は、一番のプレゼント...

【仕事は信用するな】

2014年4月30日

物流拠点運営の超プロである浜松委托倉庫の小田久文氏は、管理職の 心得のひとつとして、次の項目を挙げます。 > 人として信用しても、仕事は信用するな。 「人として信用する」とは、言い換えれば、「悪意はないと考える」、 「怠慢や横着心はないと考...

【セクショナリズムを壊す】

2014年4月23日

組織(会社、部門、部署)を分ければ、セクショナリズム(部局割拠 主義)は、多かれ少なかれ発生します。 組織には、それぞれのミッション(使命)があるからです。 セクショナリズムが強くなると、同じ会社の社員なのに、相互協力は ほぼなくなり、異動...

【夜に反省するな】

2014年4月20日

様々な工夫を施し、高い生産性を上げる物流企業、ソニックフローの 社長、西脇昌氏は、社員には「一日の終わりに反省するな」と指導 しているそうです。 つまり、「夜に悪かった点をふり返り、落ち込むな」ということです。 反省と落ち込むのは、イコール...

【就職・転職志望者以外を攻める】

2014年4月13日

人材募集広告のターゲットは、実際にその職に就く人とは限りません。 特に、最近では、職選びにおいて、家族や恋人、友人等の親しい人の 意見に、強い影響を受ける人が増えています。 ですから、それらの人をターゲットにした広告の方が、反響がよいと い...

【技術を磨き自立する】

2014年4月 9日

強い組織とは、各構成員が自立している組織です。 ただし、ここでいう「自立」とは、単なる経済的定義ではありません。 つまり、給与をもらっていて、自らの収入で生活ができるだけでは、 本当の自立とは言えないのです。 自立とは、もしも置かれた環境が...

【会議開始時の話題】

2014年3月29日

会議の冒頭には、明るい話題を採り上げるのが鉄則です。 なぜなら、心理学によると「よい気持ちの状態で意思決定した場合は、 そうでない場合に比べて、40%正解率が高まる」からです。 まずよい話をして、気分を上げた上で、本旨である議題に入った方が...

【人間だからしょうがない】

2014年3月26日

スターバックスコーヒージャパンの快進撃を指揮し、一流ブランドに 育て上げた、同社元社長の岩田松雄氏は、「クレーム対応力よりも、 そもそもクレームを出さないことが一番大事だ」と言います。 当たり前のようで、深い言葉です。 岩田氏は、そのために...

【本心が出るところ】

2014年3月22日

コールセンターで、クレームをよく起こすオペレーターは、足元が 落ち着いていないそうです。 お客様からの電話を受けるとき、足を組んだり、靴を脱いだり、 サンダルをひっかけて足をぶらぶらさせているようなオペレーターは、 問題を起こしやすいのです...

【レベルの高い人の採り方】

2014年3月21日

元スターバックスコーヒージャパンCEO、岩田松雄氏は、同社の奇跡は、 全国1000店舗、従業員数2万2000名を超えても、高いサービスレベルを 維持していることだと言います。 そして、その一番の理由は、もともとレベルの高い人を採用できて い...

【心が動く感情】

2014年3月15日

ベネッセコーポレーションは、生後週数に合わせて、送信する育児 情報メールマガジンの内容をきめ細かく変えているそうです。 その工夫で、「こどもちゃれんじ」などの幼児教育講座の契約率は、 上がっていっているとのことです。 このメルマガ配信の責任...

【無理してでも一番を食す】

2014年3月10日

タモリ氏が、キャイーンの天野ひろゆき氏を、水餃子の一番店に 連れて行ったとき、次のように言ったそうです。 > 若いうちは、無理してでも、一番を食べた方がいい。 > 70点をたくさん食べる方が、結果高くつくんだよ。 > 一番を食べれば、他を食...

【当番】

2014年3月 9日

創業200年の老舗茶房、福寿園の経営トップが、代々大事にしている 言葉があるそうです。 それは、『当番』です。 この意識が、事業を継承していくために、重要だと言うのです。 2002年、サントリーとタッグを組み、新しいペットボトル緑茶飲料 「...

【やる気を表す勇気】

2014年3月 4日

かつて、船井総研創業者の舩井幸雄は、「成功する人は、どのような 人ですか?」という質問に対して、次のように答えたことがあります。 「やる気を素直に表す勇気のある人です」 素直であり、物怖じしないしない人が、成功する確率が高いと言った のです...

【その先の一歩】

2014年2月19日

コメディアンの萩本欽一氏は、子どもがいいことをしたとき、単純に ほめない方がよいと説きます。 なぜなら、いいことをただほめると、そこで完結して、自分で考え なくなるからだそうです。 大切なのは、「その先の一歩」を考える力なのです。 相手がも...

【チームワーク】

2014年2月17日

あなたの所属する組織の中で、あなたの役割は、何でしょうか? その役割は、例えば、野球チーム、あるいはサッカーチームの中なら、 どういったポジションに当たりますか? キャッチャーなのか、ピッチャーなのか、バッターとしては何番か? ゴールキーパ...

【トップマネジメント】

2014年2月 8日

「アエラが選ぶ日本を立て直す100人」に選ばれた、著名な経営者の ひとり、ヤフー株式会社副社長の川邊健太郎氏は、「トップの仕事は、 つまるところ人事だ」と述べています。 人事は、経営の中で、唯一コントロールできることだからです。 「何をやる...

【包み込みの発想】

2014年2月 3日

他人とのコミュニケーションにおいて、意見・主張が対立することが 普通に起こります。 ビジネスにおいても、しょっちゅう起こることです。 しかし、特にビジネスにおいては、最終的にはひとつの方向性を 見出す必要があります。 そういうときに、助けら...

【幸せと成功】

2014年1月28日

船井総研創業者の舩井幸雄は、幸せと成功について、それぞれ以下の ように定義しています。 「自分が幸せだと思ったら幸せであり、大多数の人たちが『あの人は 成功者』と思ってくれたときに、その人は成功したと言える」 そして、このように定義付けた上...

【圧縮付加法】

2014年1月27日

船井総研創業者の舩井幸雄が提唱したマーケティング手法のひとつに、 「圧縮付加法」があります。 圧縮付加法とは、その店舗の長所を引き出し、活性化させるための 手法です。 うまくいっていない店舗の場合、まずは商品の在庫数量と人員数は そのままで...

前の25件 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次の25件
 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」