橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ
コラム

【健康管理】

2014年11月12日

健康は、手段です。 業務を完遂し、ミッションやビジョンを実現するためには、できる だけ健康であった方が、よいでしょう。 ですから、社員の健康管理は、企業にとって、最も重要視して取り 組むべきことのひとつです。 東京都板橋区本社の物流企業の雄...

【価格の見える化】

2014年11月 5日

社員に節約癖を付けさせるためには、モノの価格を見える化するのが、 ひとつの有効な方法です。 例えば、コピー機やプリンターに、出力1枚当たりのコストを シールに書いて貼っておけば、節約の意識は、確実に上がります。 また、コピー用紙や文房具など...

【早期デビュー】

2014年10月26日

生産用副資材(プロツール)の専門商社、トラスコ中山は、営業力 以上に、物流機能の強化(物流力と称しています)を戦略の中心に 据えて、競争優位を確立している卸売企業です。 そのため、同社は、物流力を伝えるために、物流センターの見学会を 営業戦...

【新卒採用のタイミング】

2014年10月21日

企業規模の拡大を望むのであれば、どこかの段階で、新卒採用に着手 すべきでしょう。 なぜなら、企業が、規模を拡大するためには、経営理念・ビジョンの もとに一体化することが、重要だからです。 他社が育てたのではなく、自社で一から育てた新卒社員は...

【ラッシュアワーセール】

2014年10月20日

日本最大級のファミリーセールサイト、「ギルト」は、期間限定の ラッシュアワーセールというイベントを開催しています。 キャッチは、「朝の通勤タイムにお買い物をしませんか?」です。 朝8時から12時までの4時間限定の特売企画です。 最近、電車の...

【他人に任せよ】

2014年10月15日

「社長の仕事は、意思決定業だ」とは、よく言われることです。 逆に言えば、意思決定以外の仕事は、社長の仕事ではないことに なります。 極端な話、それらはムダな業務だと言えます。 しかし、ほとんどの社長は、量の多少はあっても、このいわゆる 「ム...

【対戦型と演技型】

2014年10月11日

楽天市場にEC店舗を出店する41000社のフォローを統括する、 楽天大学学長、仲山進也氏は、一過性の繁盛に終わる店とずっと生き 残って老舗になれる店では、競合他社が増えてきたときの対応が 違うと説きます。 前者は『対戦型』で、後者は『演技型...

【事故削減に向けての第一歩】

2014年10月 1日

交通事故、車両事故、商品事故といった事故の件数を削減することは、 運送会社にとっての最重要課題です。 私も、運送関係者の方から、「事故を減らすには、どうすればよい ですか?」というご質問をよくいただきます。 この質問に対し、私は「まずは、ド...

【顧客より優先すべき相手】

2014年9月21日

各エリアの有力企業と提携し、全国規模の共同配送ネットワークを 構築した、Y運送のY社長は、年に数回、各社の経営トップへ お土産を持って、挨拶に行くそうです。 この仕組みは、Y運送が顧客企業から請けた小口の荷物を、提携企業 各社へ渡して、全国...

【個別と大人数】

2014年9月16日

人間は、小人数でいるときの方が、本音を言いやすいものです。 反対に、多数のときは、本音が言いづらく、発言が建前的になって しまいます。 ただし、後者の傾向が、よくないということでは、決してありません なぜなら、建前的な意見は、『あるべき姿』...

【つながりをつくる】

2014年9月11日

組織の人材定着率をアップさせるために、必要なことのひとつは、 それぞれの人を、できるだけ孤立させないことです。 ひとりぼっちだと感じている人は、当然ながら辞めやすいでしょう。 ですから、組織はまず、従業員が、相互に関心を持ち、つながりを つ...

【300年後に感謝されたい】

2014年9月 3日

ソフトバンク社長の孫正義氏は、「300年後の世界中の人々の幸せの ためになることをやる」という決意で、ビジネスに臨んでいると 言います。 「来月の幸せのためにやっているのではない」のです。 そのためには、相手が政府や省庁でも、闘わなければな...

【新しいスタイルの求人媒体】

2014年8月31日

人材採用広告の投資対効果(費用ではなく、投資と捉えましょう)に ついては、媒体別だけではなく、職種別でも測って、検討する必要が あります。 なぜなら、採用媒体と職種には、相性があるからです。 例えば、トラックドライバーの採用なら、長距離輸送...

【舩井幸雄のリーダーシップ論】

2014年8月16日

船井総研の創業者、舩井幸雄の経営哲学のひとつに、「リーダーは、 人事で借りをつくってはいけない」というものがあります。 舩井幸雄は、この舩井流の哲学に基づき、「一度、辞めると言って きた社員は、絶対に引き留めてはいけない」と説きました。 な...

続きを読む: 【舩井幸雄のリーダーシップ論】

【経営目的・方針明示のリスクの理解】

2014年8月10日

自社のミッションやビジョン、方針を明示することは、経営トップの 重要な仕事です。 目的に向けて一体化することは、最大の成功のコツだと、船井総研 創業者の舩井幸雄も説いています。 クレドカードや会社手帳、経営方針書、経営計画書などを使って、 ...

【チームワークを最重視するな】

2014年7月30日

日本トップクラスのダンスプロデューサー、夏まゆみ氏は、「チーム ワークや協調性を最重視する人で、成功した人はひとりも見たことが ない」と言い切ります。 夏氏は、チームメンバーのひとりひとりが、プロ意識を持っていれば、 仕事は、最後には必ずま...

【自分で自分を食う】

2014年7月27日

斬新な製品を次々とヒットさせた、アップル創業者の故スティーブ ・ジョブズ氏は、次のように述べています。 > 自分で自分を食わなければ、誰かに食われるだけだからね。 この考えにより、アップルは、iPhone発売によるiPodの売上げ への影響...

【昇格判定の質問】

2014年7月21日

近年、著しい業績アップを記録している物流企業、J社のK社長は、 課長以下の社員を所長に上げる際、ひとつのテストをしています。 そのテストに合格した人だけ、所長に上げるのだそうです。 なお、このテストの存在は、対象者には知らされていません。 ...

【130歳まで生きる】

2014年7月14日

当代屈指といわれる天ぷら職人、門前仲町『みかわ是山居』の店主、 早乙女哲哉氏は、「130歳まで、天ぷらのうまい揚げ方を追求する つもりだ」と言います。 曰く、「60歳で辞めようと思って線を引いたら、それでおしまい」。 130歳まで生きようと...

【そのクセは直した方がよい】

2014年7月 9日

会社を伸ばすためには、素直で志の高い人を採用する必要があります。 船井総研のチーフ経営コンサルタントの斉藤美幸は、そのような人を 見分けるための効果的な面接法があると言います。 それは、面接の時に、その人の悪いクセを指摘するという方法です。...

【価値観を揃えるために】

2014年6月29日

世界最大級の物流企業、フェデラルエクスプレス(フェデックス) には、「FedEx TV」という社内放送があります。 主な目的は、衛星放送を使って、経営トップの考えを伝達することだ そうです。 理念やビジョン、方針を社内に浸透させるためには、...

【教育の目的】

2014年6月22日

人材教育・研修の専門家、弊社チーフコンサルタントの斉藤美幸は、 『教育』という言葉を次のように定義付けています。 > 知識や技術を、後進に、自分の2/3~1/2の期間で習得させること つまり、教育するのは、修業期間を縮めてあげるためなのです...

【毎日ブログの目的】

2014年6月12日

北海道北広島市に本社を置く、鉄に特化した物流企業の雄、 丸吉運輸機工の社長、吉谷隆昭氏は、毎日ブログを更新しています。 6月12日(木)の号には、1169日目だと書かれていました。 書き始めて、3年と3ヶ月目に入ったことになります。 吉谷社...

【働くことで得たいもの】

2014年6月 8日

人材採用力および定着力をアップさせるためには、就業者が、仕事に 何を求めているのかを知る必要があります。 それらが得られない職場には、人が来ませんし、来ても定着しません。 人と仕事研究所が行なった「平成26年版パートタイマー白書」の アンケ...

【新規事業分野の選択基準】

2014年6月 2日

新たに取り組むべき事業を選ぶ際には、どのようなポイントを 押さえるべきでしょうか? イオンファンタジーは、人や金などの主要な経営資源を母体である イオンに依存せずに立ち上げ、上場を達成した社内ベンチャー企業の 成功事例です。 同社の事業は、...

前の25件 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次の25件
 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」