橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ
コラム

【アイデアは情報量】

2016年4月11日

人気放送作家の鈴木おさむ氏は、「アイデアを思いつくためには、 ある程度以上の情報を詰め込まなくてはならない」と言います。 鈴木氏は、仕事に就いて1年目に、先輩から「映画を観ろ」と指導を 受けたそうです。 ある程度の映画の知識があることは、構...

【ビッグファイブ】

2016年3月29日

心理学の研究によると、多様な人材が集う組織の方が、強いそうです。 『ビッグファイブ』という心理学用語があり、以下のA~Eの5つの タイプの人が、ひとつのチームになると、大きな成果が発揮されると いうことが判っています。 A=平凡な性格(Av...

【素直さを測る方法】

2016年3月 9日

弊社の人材採用の専門コンサルタント、小池彰誉から、面接試験の 受験者が、成功の条件のひとつである『素直』かどうかを見分ける 方法を教えてもらいました。 それは、面接の途中に、何らかの指摘をするという方法です。 例えば、面接を進めている中で、...

【太字のセリフ】

2016年2月 5日

総勢300名のアイドルグループ、AKB48のメンバーのひとりであり、 総監督(リーダー)、高橋みなみ氏は、スピーチの上手さに定評が あります。 彼女は、そのコツのひとつとして、「マンガで、太字になるような センテンスを入れること」と述べてい...

【アウトソーシングとアウトタスキング】

2016年2月 3日

インターネットビジネスの権威、リッチ・シェフレン氏は、「成功 するためには、効果的なアウトソーシングの方法を知らなければ ならない」と説いています。 ただし、「大半の人のアウトソーシングに対する考え方は、間違って いる」とも、述べています。...

【では、何をやっていたのか?】

2015年12月 8日

世界トップクラスのコンサルティングファームである、ボストン コンサルティンググループの人材育成方針のひとつは、「とにかく 答えを与えないこと」だそうです。 「なぜ?」、「どのように?」といった質問を投げかけ、自分自身で 気づかせることを重視...

【タレントパネル】

2015年12月 3日

世界最大級の物流企業で、働きがいのある会社ランキング上位の DHL社の『タレントパネル』という会議は、同社の人材育成および 適正配置に大きな効果を発揮しています。 本会議は年に1回、担当役員が座長を務めて、部長職全員が参加して 行なわれます...

【ミスマッチを見極める質問】

2015年11月12日

現在は、シリコンバレー拠点のベンチャーキャピタルの共同創業者、 ゼネラルパートナーである、ベン・ホロウィッツ氏は、「大手から、 幹部候補の人を中途で雇うときには、面接段階でミスマッチを 見極めるための有効な質問をしなければならない」と説いて...

【読書マラソン】

2015年11月 2日

企業が体制を磐石にし、成長力を高めるためには、まずは、幹部が 一体化することが欠かせません。 なお、一体化とは、決して『仲良し』という意味ではなく、価値観、 志向を一にし、ミッション、ビジョンを共有している状態です。 千葉県柏市に本社を置く...

【2年目の先生】

2015年10月28日

多くの運送会社において、ドライバーの離職率が、最も高くなる 期間は、入社後14日間です。 これは、たいてい、トラックへの同乗指導の期間にあたります。 つまり、同乗指導の不手際で、せっかく採用した新入社員が、離職 してしまっている確率が高いと...

【トラックの遺影】

2015年10月19日

福岡県柳川市に本社を置く総合物流企業、柳川合同の会議室には、 トラックの写真が、たくさん掲げられています。 車両の傍には、担当のドライバーが写っています。 よく見ると、ほとんどが、古い型式の車両の写真だということが 判ります。 実は、これら...

【規模のリスク】

2015年10月 2日

「企業規模が大きいからと言って、安定しているわけではない」と いうことが判る事件が、最近は、多く起きています。 ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏は、インタビューで、 次のように述べています。 「大きいということは、むしろ潰れる可能...

【福利厚生企画立案のポイント】

2015年9月28日

福利厚生の企画を立案する際に、重要なポイントは、従業員に迎合 するのではなく、その施策が、会社が望む結果に結びつくかをよく 検討することでしょう。 例えば、大阪市に本社を置く新興企業、トゥモローゲートの社内 制度には、会社の姿勢がよく表れて...

【ブログとFacebookページ】

2015年9月24日

今は、「集客」よりも「集社員」が、重要な時代です。 そのため、企業からの情報発信ターゲットとしても、見込客ではなく、 見込社員(求職者)に向けての方が、より重要だと言えます。 ブログやFacebookページで、効果的に、企業情報を発信してい...

【一言で役割を表現する】

2015年9月14日

かの徳川家康公は、「功には禄を、能には職を」と述べました。 つまり、昇進・昇格は、成果を上げた人へのご褒美ではありません。 昇進・昇格とは、新たな役割が与えられることです。 ですから、その人には、今までの立場から、視点・観点をガラッと 変え...

【ビジョン採用】

2015年9月10日

求職者が、勤め先を決める際の一番の関心事は、「その会社に入れば、 自身がどうなるのか」です。 ミクロな視点では、どこに勤めて、どんな仕事をするのか、雇用条件、 処遇はどうなのかといったことが、気になるでしょう。 しかし、さらに前に来るのは、...

【潜在意識を味方につける】

2015年8月24日

社会心理学者のハイディ・グラント・ハルバーソン博士は、目標の 達成に向けての行動を促進するために、潜在意識に働きかけることは、 非常に有効であると説いています。 ハルバーソン博士は、このことを証明する、次のような実験を紹介 しています。 ・...

【なくなる仕事の条件】

2015年8月12日

生産性の向上を目的に、AI(人工知能)やロボットを導入するという 話題が、全業種的に多くなっています。 ただし、その裏で、これらの導入により、職が奪われる人がいるのも、 事実です。 ニコラデザイン・アンド・テクノロジーの代表、水野操氏は、こ...

【優秀な人のモチベータ(やる気の素)】

2015年8月 5日

LINEの元社長、森川亮氏は、本当に優秀な人が、仕事に求めて いるものは、お金や地位ではないと主張しています。 本当に優秀な人が求めているのは、「業界トップの『すごい人』と 一緒に働くこと」だと言います。 森川氏の優秀な人の条件は、以下のと...

【ポジティブ・イリュージョン】

2015年7月30日

ブラウンとダットンという2人の心理学者の調査データによると、 管理職の90%が、「自分の能力は、他の管理職より優れている」と みなしているそうです。 また、86%が、「自分は、他の管理職より倫理的だ」と考えています。 さらに、大学教授の94...

【シミュレーション】

2015年7月22日

元LINE社長で、現在は、C Channelというベンチャー企業を起業した 森川亮氏は、無駄な時間を過ごさないように、なんと1ヶ月先まで、 1時間ごとに何をするかシミュレーションしているのだそうです。 シミュレーションすることにより、行動が...

【イベント開催のタイミング】

2015年7月 8日

従業員の定着率をアップさせるために、定期的な個別面談の実施、 またはバーベキュー大会、スポーツ大会の開催などの、心をケアする 様々な策を施している会社は、多いかと思います。 ただし、それらの実施時期について、ロジカルに検討されている ケース...

【常に話し合う】

2015年7月 1日

現場のサービス力に定評のある大手物流企業、ヤマト運輸には、接客 マニュアルが存在しないと言います。 なぜなら、マニュアルのような『枠』があると、そこからはみ出る ような、得にならないことをしたくないという、自己規制がかかる からです。 自然...

【安全の文化を創る】

2015年6月22日

いわゆる『現場』を有する会社にとって、安全・事故防止は、最も 重要な経営テーマです。 多くの会社が、効果的な設備・装備の導入、会議や研修の開催など、 様々な活動を施して、安全を追求しています。 しかし、先日、世界的な石油会社にうかがった際、...

【シナリオづくり】

2015年6月13日

世界的な石油会社、ロイヤル・ダッチ・シェルには、外部環境を分析 する専門の部署があります。 この部署の主な仕事は、あり得そうな未来を描いた『シナリオ』を つくることです。 目的は、自社が、これからの時流に適応した戦略を策定するに あたって、...

前の25件 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次の25件
 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」