橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ
コラム

【ミニセミナー】

2013年3月13日

社会の情報化が進んだ今、生情報の価値が、さらに上がっています。 購入の判断にあたり、事前に、専門家から学びたい、利用者の評価を 聴きたいというニーズが増えています。 このような時流の下、成功例が多く出てきているマーケティング策が、 「ミニセ...

【もれなく100万円】

2013年3月12日

どうすれば、レスポンス率が高い広告を作ることができるのか? 少なくとも、理論は簡単です。 多くのレスポンスを得たいなら、ターゲットが、手を挙げざるを 得ないオファーを提示することです。 「手を挙げない人は、ちょっとおかしいのではないか?」と...

【何のためにがんばるのか?】

2013年3月11日

子どもに、勉強する目的を説くとき、「自分のためだよ」と、多くの 親は言うでしょう。 しかし、教育の専門家、アビリティトレーニング代表、木下晴弘氏は、 その教え方では、将来的に、子どもは幸せになれないと言います。 なぜなら、自分のために勉強し...

【最初の学習】

2013年3月10日

教育の専門家、アビリティトレーニングの代表、木下晴弘氏は、 「生まれて初めて学習したことが、その後生きていく上で、最も 重要なことだ」と説きます。 例えば、草食動物は、生まれてから間もなく、自分の脚で立って歩き、 走り始めます。 その技術を...

【思い込みを廃する】

2013年3月 9日

思い込み、決め付けが、成長にブレーキをかけていることは、案外 多いものです。 過剰に自社を卑下していたり、マーケットを過小評価していたり、 古くからの業界の慣習に囚われていたり、少ない経験値に縛られて いたりするケースです。 例えば、 「う...

【仲良きことは】

2013年3月 8日

250万人のユダヤ人の虐殺を主導したアウシュヴィッツ強制収容所の 所長、ルドルフ・ヘスは、子どもの頃のことを振り返って、次の ように言っていたそうです。 「私の前で両親が仲良くしているのを見たことがない」 このことを挙げて、パルモア病院の創...

【ブログの立地】

2013年3月 7日

ブログを始める企業様から、「どのブログスタンドを利用すれば よいですか?」というご質問を、よくいただきます。 今、始めるなら、「無料版の商用利用が禁止されていないもの」が、 私の答えです。 なぜなら、最近は、ビジネスネタを書いていると判断さ...

【ブログの効用】

2013年3月 6日

ブログが設置されているWEBサイトの優位性のひとつは、閲覧者が、 よりリアルな企業の実力を推し量れることでしょう。 通常の静的ページからは、閲覧者が、そこで表現されている内容と 実力に乖離があるかを判断するのは、難しいと言えます。 運営者が...

【人間はこの3つで決まる】

2013年3月 5日

かつて『国民教育の父』と呼ばれた森信三氏は、人間は、次の3つの 要素で決まると言いました。 1)どこで生まれたか 2)両親および家系にどんな特色があるか 3)習った先生にどういう影響を受けたか もちろん、2)は育ての親でもよく、3)はいわゆ...

【ど真ん中のターゲット】

2013年3月 4日

大小・異業種・異業態の企業、老若男女の担当者、すべてに受ける 販促・営業ツールを作ることはできません。 それらの全部に受けようとすると、結果的に、訴求力の弱いものが でき上がってしまいます。 ですから、ツールを作成するにあたっては、その商品...

【しつけの3原則】

2013年3月 3日

「国民教育の父」と云われた哲学者、森信三氏(故人)は、教育の 根底となる真理として、次の3原則を挙げていました。 〈しつけの3原則〉 1.朝、必ず親に挨拶をする子にすること。 2.親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とハッキリ返事のできる子に する...

【社員の成長加速策】

2013年3月 2日

社員の成長を加速させるために、非常に有効な策があります。 それは、人前で講義する機会をつくることです。 スピーチやコメントではなく、自社や自身が得意な分野に関して、 誰かに教えるための講義です。 講義をするためには、かなりの準備が必要です。...

【超プロの時代】

2013年3月 1日

これからの時代、中小規模のBtoB企業が生き残るためには、超プロに なるしかありません。 顧客企業間の競争が激化し、協力会社に、今まで以上のサポート力が 求められているからです。 そして、WEBの進化により、そういった力を持つパートナーを見...

【幹部合宿】

2013年2月27日

昨晩は、私の所属している本部のグループマネージャー合宿でした。 GM以上の役職者が、旅館で一緒に泊まって、畳の上で、浴衣で 語り明かすというイベントです。 話の内容は、会議よりもざっくばらんな近況の共有と、船井総研の 未来をどう創っていくか...

【形式知化のしかけ】

2013年2月26日

ベテラン社員が経験によって体得した知識やノウハウを、後進に伝授 していくことは、組織にとって、重要な課題です。 この課題解決への取り組みが、比較的うまくいった組織が、著しい 発展を遂げることになります。 その手段として、真っ先に思いつくのは...

【社員の苗字が社名の由来】

2013年2月25日

2012年度に、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した 文具メーカー、ツバメノートの社名の由来には、驚かされました。 燕さんという、昔、同社にいた社員の名前から採ったというのです。 変更前の社名は、創業者の名前の入った「渡邉初三郎...

【カラーマーケティング】

2013年2月24日

人は、外界からの情報を五感としてインプットしています。 五感とは、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の5つです。 そして、日常的に、情報量として脳がインプットしている割合は、 視覚83%、聴覚11%、嗅覚3.5%、触覚1.5%、味覚1%となってお...

【画期的な商品を売る】

2013年2月23日

「自社の商品・サービスは、従前にない、画期的で、すばらしいもの だから、さぞかし売れるだろう」という思惑は、たいていの場合、 外れます。 特に、BtoB(法人向けの商売)の場合は、うまくいきません。 なぜなら、ほとんどの企業が、モルモットに...

【講演のコツ】

2013年2月22日

弊社運営の物流繁盛情報サイト「ズバロジ!」へアクセスがあるキー ワードのうち、最も多いもののひとつに『講演のコツ』があります。 聴衆に受ける講演をするにはどうすればよいか、結構な数の方が、 知りたがっているようです。 この問いの答えについて...

【成功事例を学ぶ意味】

2013年2月21日

スピーディーに業績を伸ばしたいなら、成功事例に学ぶべきです。 特に、時流に適応して、最近芽が出ていた業態や商品・サービスの 情報をつかむ必要があります。 それに学んで、拡げるという手もあるのです。 ただ、中には、「成功事例は、過去のものだ。...

【宇宙で一番退屈な音】

2013年2月20日

ミュージシャン、ブライアン・イーノ氏は、「私は、完璧という 考え方を信じていません」と言います。 「完璧というのは、個性の欠如を表すだけのものだから」というのが、 理由です。 かつて、他のあるミュージシャンが、「完璧な正弦波を創りたい」と ...

【選び方を教える小冊子】

2013年2月19日

WEBサイト経由で問い合わせを得るためのフックとして、小冊子の 送付請求、またはダウンロードのページを設定することがあります。 今や古典的な手法になりましたが、閲覧者にとって、その内容が 魅力的であれば、まだ充分に効果が見込めるからです。 ...

【少し上のレベルを書く】

2013年2月18日

人材を募集する際には、求める人材像そのものを媒体に書くのは、 よくありません。 そういう人がなりたい、ちょっと上のレベルの姿を書いた方が、 効果は高いと言えます。 船井総研創業者の船井幸雄は、成功の3条件として、「勉強好き・ 素直・プラス発...

【会社を愉しむ】

2013年2月17日

社会が成熟した日本では、仕事に、金銭以外の価値を求める人が、 増えています。 特に、東日本大震災以降、この変化は顕著です。 もちろん、給与は重要です。 しかし、それ以上に、人生の中で、その仕事に従事した期間、または その会社で過ごした期間が...

【横の投票】

2013年2月16日

総合物流企業、首都圏物流では、会社に貢献した営業所長を表彰する 制度を昨年から施行しています。 表彰される所長は、投票によって選ばれます。 ただし、今年は、投票権を持つのが、経営トップと幹部だけではない ことが、特徴的でした。 所長たちも、...

前の25件 6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16 次の25件
 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」