橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【潮目の変化】

2017年9月26日

国家→企業→個人(とその家族)と、時代とともに、価値観の
主体が移ってきています。


19世紀は国家の時代、20世紀は企業の時代、そして21世紀は
個人の時代と言われています。


人を行動の軸が、国家の大義、企業の大義、そして個人の
大義へ変化しているということです。


前々世紀なら国家のために生きる(死ねる)、前世紀なら
会社のために全てを捧げるというのが、社会の中心的な
価値観でしたが、今ではどちらも少数派になりました。


ただし、これらの価値観の変化は、世紀をまたいだ途端に
起こるわけではありません。


徐々に変化の兆しが現れ、ある時期に一気に変わります。


今世紀の価値観の変化については、今年、完全に潮目が
変わったようです。


クライアント企業および弊社の従業員の価値観の変化、特に
退職者の言動から、そのように感じます。


これからは、企業の大義が個人の大義と重なるかが、企業の
盛衰の一番のポイントだということを、強く認識する必要が
あります。


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」