橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【他責型を見抜く質問】

2017年9月 8日

採用面接のときに、どうしても見抜きたい応募者の資質のひとつに、
自責型か他責型かがあります。


言うまでもなく、自責型の人を採りたいところです。


そのためには、次の3つの質問をうまく使うとよいでしょう。


1)あなたは運がよいですか、そうでもないですか?
2)前職の上司は、どんな方でしたか?
3)前職になくて、当社にある(求める)ものは何ですか?


1)については、迷わずに「運がよい」と答えられる人が、
「他者オール肯定」で考えられる、自責型の人です。


後のふたつは、じっくり話を聴いてみれば、判断できると思います。


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」