橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【相談できる組織のつくり方】

2017年9月 4日

「報告・連絡・相談」という社内掲示がある企業は、世の中に
たくさんあります。


それほど、これら3つは重要視されており、また困難視されて
いるということでしょう。


一概に言えませんが、この報・連・相のうち、最も難しいのは、
「相談」かもしれません。


相談する内容、相手、そして時期と、適切に選ばなければ
ならないポイントが、より多くあるからです。


経営コンサルタントの児島保彦氏は、「相談ができる会社に
するためには、報告と連絡を徹底すること」と説いています。


なぜなら、報告・連絡をしっかりすれば、風通しがよくなり、
相談しやすい雰囲気ができるからです。


逆説的ですが、納得の論理だと思います。


・「儲かる会社は人が1割、仕組みが9割


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」