橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【コミュ力の研鑽】

2017年8月28日

ますますの人材難が予測される、これからの時流においては、
幹部、管理職の離職のリスクは、より増していくでしょう。


転職情報の増大に加え、引き抜きも横行するものと思われます。


各社とも防衛を固めるとともに、「人財が来る、採れる会社」
から「人財がつくれる」会社に進化しなければなりません。


物流企業の雄、SBSホールディングスでも、担当役員の方が、
拠点長の育成を最重要課題として取り組んでいるとおっしゃって
いました。


物流企業の発展の要は拠点長だという認識からです。


同社が、拠点長に求める役割は、収益向上と部下育成の大きく
2つです。


そして、これらの追求のために必要なのは、どちらもコミュニ
ケーションだと定義付けています。


そのためのコミュニケーション能力を磨くための、拠点長育成
研修システムの構築・発展に、とことん注力しているのです。


SBSホールディングス


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」