橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【若くして要職】

2017年8月24日

中小企業の人材採用活動では、大手企業とどう差別化するかと
いうことを考えなくてはなりません。


特に、新卒などの若手へのアプローチにおいては、最重要
事項と言ってもよいでしょう。


このとき、例えば、風通しがよい、アットホーム、個別事情に
対応できるといった差別化ポイントが挙がるかと思います。


しかし、自社の未来を背負って立つような人材を採用したいの
なら、「若くして、重要な仕事を任される」「若くして、重要
ポストに就ける」可能性を推すべきです。


大手企業では、通常、かなりの勤続年数を経なければなれない
役職に、中小企業なら早めに就ける可能性があるというのは、
野心、向上心の強い若者には、魅力に映るはずです。


もちろん、そのためには、既存の組織で、そのことを証明して
置く必要があります。


戦略的にでも、モデルケースを作っておくのです。


これは、大手企業との大きな差別化要因になります。


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」