橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【スケールのための力】

2017年8月17日

国内では、巨大企業として認識されている企業も、世界のライバルと
比べると、規模では圧倒されているという例は、いくらでもあります。


例えば、機械関連の日本企業3社の年間売上高を挙げてみます。


日立製作所  9兆1622億円
ソニー    7兆6032億円
パナソニック 7兆3437億円


これらに対して、
アップル(米)  23兆7202億円
サムスン電子(韓)19兆1451億円
GE(米)    13兆6062億円
シーメンス(独)  9兆5572億円
と海外のライバル企業には、さらに巨大なものがいくつもあります。


ちなみに、上記の日本企業3社の年間売上高を合計すると、
24兆1091億円になります。


3社が統合すれば、世界トップに躍り出ることができます。


ビジネスリサーチ・ジャパン社は、著書『図解!業界地図』の中で、
「持続的成長のためには、世界戦略は不可欠。ライバルと戦う
ためには、世界トップ3に入るぐらいのポジションを確保したい。
規模がなければ世界的競争からはじき出される可能性が高くなる」
と指摘しています。


そのためには、今までの常識に囚われない統合策の検討、そして
上手にM&Aを仕掛けていく力が必要だと説いています。


スケールは違えど、国内の地場レベルでも当てはまる話では
ないかと感じます。


人材獲得競争、顧客獲得競争、法令順守など、生き残りのための
様々な面で、ある程度以上の企業規模は、今まで以上に、必要に
なってくると思われるからです。


・「図解!業界地図 2018年版


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」