橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【ストック化の本質】

2017年8月15日

ビジネスを安定化させるための最も有効な方法のひとつは、収入を
ストック化することです。


あなたのビジネスが、フロー収入が普通のビジネスなら、なんとか
ストック化できないか、考えてみましょう。


例えば、サンクチュアリ出版は、単発の収入が当たり前の単行本
ビジネスで、ストック化を図っています。


同社は、『クラブS』という、年間12,000円を支払えば、毎月、
単行本の新刊が、自宅に届く年間購読会員制度を運営しています。


しかし、単行本は、雑誌以上に企画で買われるものですから、
かなり難しいはずです。


同社刊行の書籍に挟まっていたリーフレットには、
> ふつう、本を買う前に、出版社の名前を見て決めることって
> ありませんよね。
> でも、私たちは、『サンクチュアリ出版の本だから買いたい』と
> 思ってもらえるような本を作りたいと思っています。
という信念が書かれていました。


この文章には、ストックビジネスのひとつの本質が表れています。


ストックビジネスとは、「貴社指名でおまかせします」という、
信頼獲得ビジネスなのだと思います。


・サンクチュアリ出版 クラブS→ http://www.sanctuarybooks.jp/clubs/


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」