橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【特になしはなし】

2017年8月 9日

日報は、うまく使えば、経営者が重要な現場情報をピックアップ
するための有用なツールになります。


しかし、多くの企業では、惰性で提出されているだけの出勤報告に
近いものになってしまっています。


経営コンサルタントの児島保彦氏は、日報を有効なツールにする
ためには、まずは、あるルールを作ればよいと説いています。


それは、「特記事項なし」という記入を禁止することです。


このルールを適用すれば、さぼりやごまかしがしにくくなります。


・「儲かる会社は人が1割、仕組みが9割

◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」