橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【得意のとき】

2016年11月22日

中国の古典『菜根譚(さいこんたん)』の中に、次のような言葉が
あります。

「得意のとき、すなわち失意の悲しみを生ず」

つまり、物事がうまくいっているときには、スキができて、すでに
後の失敗の芽が生まれているということです。

そのような危険な状態に陥らないためには、経営においても、当然、
原因と結果は結びついており、必ずタイムラグがあるということを
認識しておくべきなのです。

今の成果の種は、数ヶ月から数年前に撒かれたものであり、今撒いて
いる種が実るのは、数ヶ月から数年後です。

特に、うまくいっているときは、このことを忘れがちなので、気を
つけましょう。


・「菜根譚


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」