橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【会話のきっかけになるひと言】

2016年8月29日

お客様に対して、最高の貢献をするためには、それぞれのニーズを
性格につかむ必要があります。


全日空の客室乗務員は、場合によって、お客様の状態(搭乗の目的や
機嫌など)を推し量るため、挨拶に、もうひと言を付け加えます。


会話のきっかけになる『もうひと言』です。


それが、同社に代々伝わる、『キドニトチカケ』です。


キ:気候 例)「少し底冷えのする朝でしたね」
ド:道楽(趣味) 例)「素敵な時計ですね」
ニ:ニュース 例)「昨日のニュースには、本当に驚かされましたね」
ト:土地 例)「到着地では、旬の△△が特においしいようです」
チ:知人 例)「○○さん、お元気ですか?」
カ:家族 例)「お子さんは、おいくつになられたのでしょう?」
ケ:健康 例)「いつも姿勢がシャンとされていますね」


ポイントは、自分の興味ではなく、お客様の興味をくみとって、話を
拡げていくことです。


接客、営業の場面で、普遍的に使えるルールだと思います。


・「言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」