橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【本物の強さ】

2016年8月24日

リーダーが代わるたび、またはメンバーが代わるたびに、また一から
つくり直さなければならないチームがあります。


野球界の知将、野村克也氏は、そのようなチームには「本物の強さが
備わっていない」と言います。


野村氏は、チームが本物の強さを有するためには、「負けから学び、
弱点と向き合う習慣」が必要だと説きます。


つまり、昨日よりも今日、今日よりも明日と、少しずつレベルが
アップしていける組織は強いということだと思います。


実践としては、『ふり返り』を仕組み化すべきでしょう。


例えば、反省会、改善提案制度など、実行後の検証・修正・定着化が、
確実に行なわれる仕組みを創ることです。


毎日1%成長すれば、365日で、37.8倍になります。


・「野村克也人生語録

◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」