橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【たかがスタジアム1杯分】

2016年7月27日

社内への理念・ビジョン浸透を図り、一体化させるのはたいへんだと
感じている経営トップは、少なくないと思います。


人数が増えてくれば、その苦労は、より増すでしょう。


しかし、全世界に約8万人の社員を抱えるLIXILの副社長、八木洋介
氏は、「規模なんて関係ない」と言い切ります。


それ以前に、八木氏は、「自社を大きいと思っていない」そうです。


国立競技場の収容人数が8万人なことを基準に、「たかがスタジアム
1杯分じゃないか」と言うのです。


スポーツが観客全員を熱狂させることができるのに、世界中の人々に
貢献しようとする事業理念・ビジョンの実践が、全社員を熱狂させ
られないわけがありません。


八木氏は、そうとらえて、社内一体化を図っています。


たいへん参考になり、勇気の湧く考え方だと思います。


・LIXIL→ http://www.lixil.co.jp/
・出典:東京経済ONLINE→ http://toyokeizai.net/articles/-/124908

◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」