橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【感性を測る指標】

2016年6月 7日

どの世界でも、大成するためには、感じる心(感性)を磨くことが
重要でしょう。


人間は、感じることを起点に、考え始め、行動に至り、成果を上げる
からです。


プロ野球の名指揮官として知られた、野村克也氏は、「感じる心の
根っこは、親への感謝だ」と述べています。


野村氏は、監督時代、親を大事にしているかを、選手の感性を測る
ための最重要指標にしていたそうです。


なぜなら、感性を磨こうとする意識の逆は、「俺はこんなもんだ」と
いう、妥協・限定・満足の、安っぽい見切りの意識であり、自分を
産んでくれた親に対する、裏切り行為だからです。


つまり、親を大事にしている人は、一生懸命感性を磨き、成果を
上げることができるのです。

・「師弟


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」