橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【生活信条に適った仕事】

2016年6月20日

人間は、マクロには、幸福になることを求めて、行動しています。


人生の中で大きな割合を占める仕事をするのも、幸福になるためです。


裏返せば、幸福になれる仕事が、よい仕事だと言えるでしょう。


イギリスを代表する作家である、アーノルド・ベネットは、幸福とは
何かについて、次のように述べています。


> 幸福とは、肉体的、精神的快楽を得るところにあるのではなく、
> 理性を豊かにし、自らの生活信条に適った生き方をするところにある


つまり、自分が正しいと思える行動を取れているとき、人は幸福であり、
正しいと思えない行動を取ってしまっているとき、不幸になるのです。


ベネットは、次のような例を挙げています。


盗みをした人間が後悔するのは、盗むという行為が彼らの生活信条に
反した行為だからであり、もしも盗みが道徳的に立派なことだと、心
から信じてやったことであれば、幸福な気分になれる。


ですから、企業としては、従業員が、自社の仕事をすばらしいことだと
信じて取り組めるように、共感できる仲間を集めて、意義をしっかり
伝えるべきなのです。

・「自分の時間


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」