橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ

【CEOの顔】

2016年5月10日

米タフツ大学のニコラス・ルール氏とナリーニ・アンバディ氏は、
2006年のフォーチュン500(米国の大手企業500社)の上位と下位の
各25社の男性CEOの顔写真を使った実験を行ないました。


それらを被験者に見せたときの脳を、MRI(核磁気共鳴画像法)で
撮影し、どの部位が活動しているのかを調べるという実験です。


すると、低収益の会社のCEOを見たときよりも、高収益の会社のCEOを
見たときの方が、被験者の脳の左側にある扁桃体の動きが、著しく
活発になることが、判ったそうです。

扁桃体は、感情に関係する部位です。

高収益の会社のCEOの顔には、人の感情を揺り動かすものがあるの
だと言えます。


そこで、ルール氏とアンバディ氏は、これらの顔写真の分析を行ない
ました。


すると、高収益の会社のCEOの顔には、長さに対して、幅が広めだと
いう特徴があったそうです。


つまり、人には、幅が広めの顔の人を無意識にリーダーとみなす
性質がある可能性が高いのでしょう。


ですから、そういう特徴の顔を持つCEOは、積極的に顔写真を外部
発信していくべきではないでしょうか?


営業面でも採用面でも、メリットがあると思います。


・「最高のリーダーは何もしない

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」