橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

【演説のコツ】

2017年11月 7日

人を動かすプロの経営トップにとって、説得力のあるスピーチ
技術の習得は、不可欠と言えます。


20世紀中頃のイギリスで、雄弁家と評された議員、アノイリン
・ベバン氏は、『演説のコツ』を尋ねられて、以下のように
述べたと言います。


「反対意見の弱点ではなく、最も強いところに狙いを定めて、
そこに切り込みなさい」


弱点ではなく、長所・美点に打撃を与えてこそ、相手の主張を
切り崩せるという考えです。


つまり、相手の考えの芯の部分を入れ替えなければ、腹落ちは
させられないということなのでしょう。


・「スピーチの天才100人


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【主張を届ける】

2017年10月10日

レッドオーシャンのマーケットにおいては、ターゲット顧客層に
対して、自社の主張が、しっかり彼らへ届くようにしなければ
なりません。


革製品の製造小売店、万双のホームページには「万双の想い」と
いう、作り手・売り手の想いを伝えるお手本のようなページが
あります。


このページには、「万双代表へよくいただく質問と回答」と称し、
同社代表の武井基興氏の主張が展開されています。


例えば、「なぜブランドロゴやタグが入っていないのか?」と
いう質問に対して、武井代表は、次のように答えています。


〉 人様の鞄に自分のところの名前が入っているのがおかしいと
〉 思うからです。
〉 お客様の手元にわたった時点でその鞄はお客様のもの。
〉 そこに、作り手のくだらないエゴやプライドはいりません。


この他にも、強いポリシーを感じるFAQが並んでいます。


これらの想いに共感する層は、多くはないでしょうが、確実に
存在し、強く惹かれるものと思います。


貴社の主張は、ターゲット顧客層へしっかり伝わっていますか?


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【潮目の変化】

2017年9月26日

国家→企業→個人(とその家族)と、時代とともに、価値観の
主体が移ってきています。


19世紀は国家の時代、20世紀は企業の時代、そして21世紀は
個人の時代と言われています。


人を行動の軸が、国家の大義、企業の大義、そして個人の
大義へ変化しているということです。


前々世紀なら国家のために生きる(死ねる)、前世紀なら
会社のために全てを捧げるというのが、社会の中心的な
価値観でしたが、今ではどちらも少数派になりました。


ただし、これらの価値観の変化は、世紀をまたいだ途端に
起こるわけではありません。


徐々に変化の兆しが現れ、ある時期に一気に変わります。


今世紀の価値観の変化については、今年、完全に潮目が
変わったようです。


クライアント企業および弊社の従業員の価値観の変化、特に
退職者の言動から、そのように感じます。


これからは、企業の大義が個人の大義と重なるかが、企業の
盛衰の一番のポイントだということを、強く認識する必要が
あります。


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【お金の儲け方】

2017年9月14日

業績を伸ばすためには、どうしても「お金の儲け方」に、
意識が行ってしまいます。


しかし、突き詰めると、お金を儲けるためには、
お金の使い方が、最も重要になります。


本来的には、「収入ー支出=利益」という感じではなく、
支出を使って(投資して)収入を得るのが、商売だからです。


先般、日本電産は、生産性向上のために、
1000億円を投資すると表明しました。


同社会長兼社長の永守重信氏は、本件について、
次のように述べています。


「会社を真剣に変えようと思っているなら、
経営者は、お金を使わないといけません」


お金の使い方こそ、業績アップの戦略です。
(それと、人の使い方ですね)


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【ユニフォームの力】

2017年9月 8日

貴社が、ユニフォームの着用を義務付けている企業なら、その
デザインには、こだわらなければならないでしょう。


社員満足度および採用力に、大いに関わるポイントです。


直近1年で、採用力を大幅にアップさせた中島急送も、改革の
一環として、ユニフォームのリニューアルに取り組みました。


ファッションデザイン学校の学生に依頼して、スタイリッシュな
デザインのユニフォームを作りました。

ただし、同社の場合は、それだけでなく、既存社員の意見も
徹底的に聴いて反映させたそうです。


社員からは、デザインの好みだけでなく、使い勝手についても、
多くの意見が挙がってきました。


例えば、襟がスタンドカラーになっているのは、女性社員から
挙がった首の日焼けを気にする声を反映させたからだそうです。


そのような既存社員本位のユニフォームは、採用力の強化に
つながっています。

◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」