橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

【スケールのための力】

2017年8月17日

国内では、巨大企業として認識されている企業も、世界のライバルと
比べると、規模では圧倒されているという例は、いくらでもあります。


例えば、機械関連の日本企業3社の年間売上高を挙げてみます。


日立製作所  9兆1622億円
ソニー    7兆6032億円
パナソニック 7兆3437億円


これらに対して、
アップル(米)  23兆7202億円
サムスン電子(韓)19兆1451億円
GE(米)    13兆6062億円
シーメンス(独)  9兆5572億円
と海外のライバル企業には、さらに巨大なものがいくつもあります。


ちなみに、上記の日本企業3社の年間売上高を合計すると、
24兆1091億円になります。


3社が統合すれば、世界トップに躍り出ることができます。


ビジネスリサーチ・ジャパン社は、著書『図解!業界地図』の中で、
「持続的成長のためには、世界戦略は不可欠。ライバルと戦う
ためには、世界トップ3に入るぐらいのポジションを確保したい。
規模がなければ世界的競争からはじき出される可能性が高くなる」
と指摘しています。


そのためには、今までの常識に囚われない統合策の検討、そして
上手にM&Aを仕掛けていく力が必要だと説いています。


スケールは違えど、国内の地場レベルでも当てはまる話では
ないかと感じます。


人材獲得競争、顧客獲得競争、法令順守など、生き残りのための
様々な面で、ある程度以上の企業規模は、今まで以上に、必要に
なってくると思われるからです。


・「図解!業界地図 2018年版


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【ストック化の本質】

2017年8月15日

ビジネスを安定化させるための最も有効な方法のひとつは、収入を
ストック化することです。


あなたのビジネスが、フロー収入が普通のビジネスなら、なんとか
ストック化できないか、考えてみましょう。


例えば、サンクチュアリ出版は、単発の収入が当たり前の単行本
ビジネスで、ストック化を図っています。


同社は、『クラブS』という、年間12,000円を支払えば、毎月、
単行本の新刊が、自宅に届く年間購読会員制度を運営しています。


しかし、単行本は、雑誌以上に企画で買われるものですから、
かなり難しいはずです。


同社刊行の書籍に挟まっていたリーフレットには、
> ふつう、本を買う前に、出版社の名前を見て決めることって
> ありませんよね。
> でも、私たちは、『サンクチュアリ出版の本だから買いたい』と
> 思ってもらえるような本を作りたいと思っています。
という信念が書かれていました。


この文章には、ストックビジネスのひとつの本質が表れています。


ストックビジネスとは、「貴社指名でおまかせします」という、
信頼獲得ビジネスなのだと思います。


・サンクチュアリ出版 クラブS→ http://www.sanctuarybooks.jp/clubs/


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【特になしはなし】

2017年8月 9日

日報は、うまく使えば、経営者が重要な現場情報をピックアップ
するための有用なツールになります。


しかし、多くの企業では、惰性で提出されているだけの出勤報告に
近いものになってしまっています。


経営コンサルタントの児島保彦氏は、日報を有効なツールにする
ためには、まずは、あるルールを作ればよいと説いています。


それは、「特記事項なし」という記入を禁止することです。


このルールを適用すれば、さぼりやごまかしがしにくくなります。


・「儲かる会社は人が1割、仕組みが9割

◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【得意のとき】

2016年11月22日

中国の古典『菜根譚(さいこんたん)』の中に、次のような言葉が
あります。

「得意のとき、すなわち失意の悲しみを生ず」

つまり、物事がうまくいっているときには、スキができて、すでに
後の失敗の芽が生まれているということです。

そのような危険な状態に陥らないためには、経営においても、当然、
原因と結果は結びついており、必ずタイムラグがあるということを
認識しておくべきなのです。

今の成果の種は、数ヶ月から数年前に撒かれたものであり、今撒いて
いる種が実るのは、数ヶ月から数年後です。

特に、うまくいっているときは、このことを忘れがちなので、気を
つけましょう。


・「菜根譚


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【テキストダウンロード更新!】ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!

2016年11月20日

2016年12月更新:ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!

ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!
~最小のコストで最大の求人成果を上げる方法~


■自社ホームページの求人情報をindeedに掲載するための条件
■indeedを活用して効果を最大化させるために
■ホームページ運用結果
■一人当たり募集コストの明確化で採用計画を立てる
■成功事例紹介(一例) 他

1.58 MB pdf形式 16ページ
2016年12月9日公開
ダウンロード
続きを読む: 【テキストダウンロード更新!】ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!
 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」