橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

【得意のとき】

2016年11月22日

中国の古典『菜根譚(さいこんたん)』の中に、次のような言葉が
あります。

「得意のとき、すなわち失意の悲しみを生ず」

つまり、物事がうまくいっているときには、スキができて、すでに
後の失敗の芽が生まれているということです。

そのような危険な状態に陥らないためには、経営においても、当然、
原因と結果は結びついており、必ずタイムラグがあるということを
認識しておくべきなのです。

今の成果の種は、数ヶ月から数年前に撒かれたものであり、今撒いて
いる種が実るのは、数ヶ月から数年後です。

特に、うまくいっているときは、このことを忘れがちなので、気を
つけましょう。


・「菜根譚


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

【テキストダウンロード更新!】ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!

2016年11月20日

2016年12月更新:ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!

ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!
~最小のコストで最大の求人成果を上げる方法~


■自社ホームページの求人情報をindeedに掲載するための条件
■indeedを活用して効果を最大化させるために
■ホームページ運用結果
■一人当たり募集コストの明確化で採用計画を立てる
■成功事例紹介(一例) 他

1.58 MB pdf形式 16ページ
2016年12月9日公開
ダウンロード
続きを読む: 【テキストダウンロード更新!】ドライバー採用におけるindeed徹底活用攻略法!

【テキストダウンロード更新!】ドライバー採用革命セミナーダイジェスト版テキスト

2016年11月 1日

2016年10月更新:ドライバー採用革命セミナーダイジェスト版テキスト

ドライバー採用革命セミナーダイジェスト版テキスト

■データから読み取る、人材不足時代の現状と対策方法
■今の時代に有効な募集方法とは
■ドライバー募集につながるホームページとは
■会社説明会で良い人を大量に採用する方法
■高卒新卒・女性・シニア層がいきいき働ける会社創りで採用力アップ
■その他成功事例紹介 他

3.87 MB pdf形式 29ページ
2016年10月19日公開
ダウンロード
続きを読む: 【テキストダウンロード更新!】ドライバー採用革命セミナーダイジェスト版テキスト

【会話のきっかけになるひと言】

2016年8月29日

お客様に対して、最高の貢献をするためには、それぞれのニーズを
性格につかむ必要があります。


全日空の客室乗務員は、場合によって、お客様の状態(搭乗の目的や
機嫌など)を推し量るため、挨拶に、もうひと言を付け加えます。


会話のきっかけになる『もうひと言』です。


それが、同社に代々伝わる、『キドニトチカケ』です。


キ:気候 例)「少し底冷えのする朝でしたね」
ド:道楽(趣味) 例)「素敵な時計ですね」
ニ:ニュース 例)「昨日のニュースには、本当に驚かされましたね」
ト:土地 例)「到着地では、旬の△△が特においしいようです」
チ:知人 例)「○○さん、お元気ですか?」
カ:家族 例)「お子さんは、おいくつになられたのでしょう?」
ケ:健康 例)「いつも姿勢がシャンとされていますね」


ポイントは、自分の興味ではなく、お客様の興味をくみとって、話を
拡げていくことです。


接客、営業の場面で、普遍的に使えるルールだと思います。


・「言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方


◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」