アスクル「現場のチカラ」 物流業向けさらに強化

「お客様目線で、分かりやすく」

2014年7月25日

 一昨年、「現場」向けの作業用品ブランド『現場のチカラ』を立ち上げたアスクル。同ブランドは、製造・建設・物流現場などで汎用的に使用されるオリジナル商品を開発してきたが、物流業向けの商品ラインアップをさらに強化している。


 14年春・夏号のカタログでは、『現場のチカラ』を含めた作業用品の大量購入キャンペーンを実施。たとえば、1袋(12双入り)246円の徳用軍手が、300袋(3600双)購入で1袋あたり168円。軽量折りコンは100個購入で1個あたり798円、プチプチは30巻購入で1巻あたり998円など、驚きの価格を実現している。

 MRO事業本部の西原利仁マーチャンダイジング部長は、「業務用の大量購入による割引価格はこれまでにもあったが、そのさらに上を行く量のパック。圧倒的な価格を提示することで、さらなる市場参入を図りたい」と同キャンペーンの狙いを説明する。


物流マン必見のポータルサイト

物流ウィークリー年間記事大賞
年間記事大賞
物流掲示板

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD


PickUP ニュース

マルイチ 輸送用緩衝材「ロジボードS」

スリットで指を保護

2014年6月27日

 「純国産高品質主義」のマルイチ(神奈川県厚木市)は、トラック輸送用緩衝材「ロジボード」の第3弾として、側面にスリット状の指穴を空けた「ロジボードS」を開発した。既に特許も出願している。


 「Safety」を意味する「S」を冠する同製品について石井伴和営業部長は、「フォークによる荷積み作業時に指を挟んでしまう事故が少なくないと聞き、なんとかできないかと研究を重ねた」と説明。「指を守るスリットを設けることで事故予防につながるだけでなく、体積も減らせ、コストも抑えられる」と自信を示す。「スリットの奥には、指を引っかけて滑りにくくするために窪みを設けており、使い勝手を向上させている」とも。


 曲げ・たわみに強い丈夫な発泡ポリエチレン製の8cm厚の本体に、従来品と同様に両面合わせて28か所の「肉抜き」を実施。耐衝撃性はそのままに7cm厚と同等の価格と重量の低減を実現している。「薄い緩衝材を2枚重ねで使用されているユーザーも多いが、十分な厚さがあるため1枚で済む。スリットと肉抜き穴に指がかかるため、どんな状況でも扱いやすい」という。

勝ち残る企業

流通サービス ドラレコデータで指導

経費削減と意識改革

2014年7月14日

 流通サービス(野村眞一社長、埼玉県草加市)は、デジタコを使った管理システムを導入して6年になる。長期にわたって取り組みを継続してきたことで、安全と環境対策で大きな効果を上げるとともに、社員の意識にも変化が現れている。


 「一番の成果は、6年間で2300万円以上の燃料費削減に成功したこと」と話すのは、運輸安全・省エネマネジメント推進室の樽見耕二室長(写真右)。「事故予防を目的に、騎西輸送課に導入したのが最初」と言い、現在、全車両の約半数にあたる73台にデジタコを配備している。

ローカルニュース

富士運輸 金魚すくい大会をPR

ラッピングトラックが完成

2014年7月25日

 富士運輸(松岡弘晃社長、奈良市)が制作を進めていた全国金魚すくい選手権大会をPRするラッピングトラックが完成し、6月19日に奈良県大和郡山市で出発式を行った。


 ラッピングトラックは、毎年8月に大和郡山市で開催される全国金魚すくい選手権大会が20回目の記念大会を迎えることから企画したもの。デザインからステッカーの施工までを富士運輸が自社で行った。


 荷台の両側に大会マスコットキャラクターの「きんとっと」「でめっきー」とともに、金魚のステッカーを張りつけたインパクトのある仕上がり。8月23日と24日の大会終了後も運行を続け、大会と大和郡山市を全国にPRする。

政治と物流

菅官房長官「災害対策基本法の見直しを検討」

2014年3月20日

 先日の関東甲信地方にもたらされた記録的な大雪。4日間も群馬県の峠で立ち往生したドライバーもおり、想定外の大雪は交通網を一気に混乱させ、物流をはじめとする経済活動は停滞し、脆弱性を露呈する形になってしまった。その中で問題となったのが、路上放置された車両が原因で、除雪車両や緊急車両が通行出来なかった点だ。


 菅義偉官房長官は2月17日の記者会見で、「立ち往生している車両が多く、除雪車両が入ることができなかった。地方自治体から政府に向けての声もあり、車両を撤去するための災害対策基本法の見直しを早急に検討したい。損失補償の問題もあり手がつけられずにいたが、所有者の許可がなくても破壊・撤去ができるようにし、後で損失補償ができるようにしなければならない。これ以上、先送りすべきではない」とコメントしている。政府としては大雪に限定しているわけではなく、首都直下型地震などにも対応できるように法整備を実施したい考えだ。

 

運行管理者試験・過去問題・解答&模擬問題

運行管理者試験・過去問題

物流メルマガ

メールアドレス
お名前
貴社名

物流マンのための物流用語集

FaceBook