運管試験合格必勝セット販売 テキストは試験ごとに改訂

行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所が監修

2014年4月25日

 行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所(千葉県野田市)では、5月18日に実施される臨時運管試験を控え、オリジナルテキスト、過去問、予想模擬試験を組み合わせた「運行管理者試験合格必勝セット」を販売している。価格は3700円。

 オリジナルテキストは試験ごとに修正を加えており、今回の改訂で第6版。重要度を3段階にランク付けしており、学習の優先順位をつけることができる。過去問は直近5回分を収録するとともに、詳細な解説も掲載。出題パターンを熟知した講師が作成した予想模擬試験(2回分)には、本試験とほぼ同じ書式のマークシート用紙も付いている。


物流マン必見のポータルサイト

協力会社募集中です!
物流掲示板

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD


PickUP ニュース

信和自動車工業 トラック床材に「竹」

「環境保護、価格も安定」

2014年3月20日

 信和自動車工業(大阪市北区)は、竹を利用したトラック床材「グリーンボード竹床」を販売している。

 同製品を展開するきっかけとなったのが、インドネシアやマレーシアを原産地とするアピトンの枯渇。取締役の足立敦氏は、「日本のトラックに使われている床材はほとんどがアピトン材だったが、成木となるまで70〜80年もかかるため、だんだん採れる場所がなくなってきた」と説明。「一度伐採した場所は禿げ山となり、環境破壊にもつながる」と指摘する。

 アピトンの代替として、次に登場したのがアカシア材だ。「成木になるまで20年と短いため、植林して再生することができ環境には優しいが、ササクレなどのトラブルも少なからずあった」という。

勝ち残る企業

光英システムがパナソニックのグループ企業に

ワンストップでサービス提供

2014年4月14日

 パナソニックシステムネットワークス(PSN、東京都中央区)は4月1日、光英システム(葦津嘉雄社長=写真左、同新宿区)が発行した新株8552株すべてを引き受けた。PSNの光英システムに対する持ち株比率は51%となり、光英システムはパナソニックのグループ企業となった。


 輸配送管理システム市場で高い開発力を持つことで知られる光英システムと、流通系システムやハンディターミナルなどのハードで高い技術とノウハウ、国内外への販路を持つPSNが相互補完的に事業リソースを活用することで、両社では、「物流・流通業界向けシステムソリューション事業のさらなる拡大が図れる」としている。なお、社名は当面現状のままで、葦津氏が社長に就任している。

ローカルニュース

扇町運送 コンテナハウスを被災地へ

2014年4月25日

【大阪】「東北復興支援きずなの輪」で理事を務める扇町運送(大阪市住之江区)の成田暢行社長は、1月23〜26日の4日間、大阪から石巻雄勝半島船越まで、片道1000kmをかけて新品のコンテナハウス2棟を輸送した。


 成田社長は震災直後から友人や知人、荷主に声をかけて船やコンテナハウスなどを提供していた。その後、有志らと同法人を立ち上げ、年に数回ほど自らがハンドルを握り、石巻市などへ輸送を続けている。

政治と物流

菅官房長官「災害対策基本法の見直しを検討」

2014年3月20日

 先日の関東甲信地方にもたらされた記録的な大雪。4日間も群馬県の峠で立ち往生したドライバーもおり、想定外の大雪は交通網を一気に混乱させ、物流をはじめとする経済活動は停滞し、脆弱性を露呈する形になってしまった。その中で問題となったのが、路上放置された車両が原因で、除雪車両や緊急車両が通行出来なかった点だ。


 菅義偉官房長官は2月17日の記者会見で、「立ち往生している車両が多く、除雪車両が入ることができなかった。地方自治体から政府に向けての声もあり、車両を撤去するための災害対策基本法の見直しを早急に検討したい。損失補償の問題もあり手がつけられずにいたが、所有者の許可がなくても破壊・撤去ができるようにし、後で損失補償ができるようにしなければならない。これ以上、先送りすべきではない」とコメントしている。政府としては大雪に限定しているわけではなく、首都直下型地震などにも対応できるように法整備を実施したい考えだ。

 

運行管理者試験・過去問題・解答&模擬問題

運行管理者試験・過去問題

物流メルマガ

メールアドレス
お名前
貴社名

物流マンのための物流用語集

FaceBook