伏見倉庫 山本社長「地元の土地と人との縁に感謝」

2016年9月27日

 経済の血液にたとえられる物流。なかでも倉庫業は、物流の結節点として重要な役割を果たしている。現在の倉庫業は単なる「モノの保管」だけにとどまらず、付加価値を高めたサービスの提供が求められている。倉青協のメンバーである伏見倉庫(京都市伏見区)も、付加価値を提供する企業の一つだ。食糧倉庫としてお米の保管に携わり、京都の食卓を支えてきた。今では常識となっているお米の低温保管を昭和51年からいち早く開始し、安全・安心保管のノウハウを蓄積している。同社3代目の山本章雄社長に、これまでの歩みなどについて聞いた。


 伏見の造り酒屋が出資してできた同社は創業から72年目で、現在の場所に移転してからは50年近くになる。メーンで扱うお米は温度のみならず、湿度が重要なカギを握り、湿りすぎでも乾きすぎでも悪影響となる。空気の循環が良くなるよう、あえて現在主流の箱型の倉庫ではなく三角屋根の倉庫を採用するなど、品質へのこだわりには余念がない。伏見の酒造メーカーの酒米や、お酒も扱っている。


 お米にこだわる同社は農産物の検査機関でもあり、農産物検査員の資格を社長はじめ、多くの社員が保有。山本社長は「主食用玄米は、一から三等、そして規格外の等級があり、検査員は正確に見分ける能力を持っている。農産物の検査は国の管轄だったが、十数年前から民間に委託された。自分たちの扱う荷物について理解して欲しいという思いから、現在でも社員には検査員の資格取得を推奨している」と話す。さらに品種、年産や産地など保管する米の種類は複雑を極めるため、保管作業の質の高さが重要となる。そのため同社はアルバイトやパートを採用せず、全員が正社員。一人ひとりが当事者意識を持ち、主体的に仕事に取り組めることを目指している。

急ブレーキ多発地点

岩手県北上市上江釣子2地割84

急ブレーキ多発地点(データ提供元: 株式会社富士通交通・道路データサービス)

2016年9月26日
急ブレーキ回数:83回(2014年4月11日〜2015年4月10日)地点情報:国道107号線で発生。地点内、東方向の進行で多発。信号機の手前に、信号機がない交差点あり。※地図内の赤色の矩形は、多発している地点を表してます...
物流ウィークリーのツイッター
 
 
 
富士通
読者サポーターサイト
年間記事大賞

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD


PickUP ニュース

ネクスコ東日本リテイル 「YASMOCCA」を新展開

2016年9月 6日

 NEXCO東日本グループのネクスコ東日本リテイル(金子準社長、東京都港区)は高速道路の商業施設やPAで「YASMOCCA(ヤスモッカ)」のブランド展開を開始した。


 「今までは各SA・PAの地域特色を生かしたサービスに重点を置いてきたが、毎日のように高速道路を使うトラックドライバーにとっては、ここに行けばこれがあるという安心感や安定感も大事なのではないかと考えた。そこで、定番と言うべきメニューやサービスを基本としたベーシックエリア〝YASMOCCA〟の展開を新しく始めた。どこに行っても安心できる同じおもてなしのご提供に加えて、各エリアのご当地メニューや物産品など、その土地ならではの特徴あるサービスもご提供するという、二段構えのサービスに変更した」と説明するのは同社の北原浩取締役。

勝ち残る企業

沢井製薬と日立物流 安定供給へ物流改善

国の使用促進で物量増

2016年7月20日

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)の製造販売を行う沢井製薬(大阪市淀川区)は「なによりも患者さんのために」を企業理念とし、事業活動を行っている。国では、患者負担の軽減や医療保険財政の改善にむけ、使用促進のための環境整備を進めているのに伴い、同社では物量が増加し、安定供給を図る物流部門での効率化・最適化が求められ、その取り組みについて話を聞いた。


 同社では以前、自社物流を行っていたが、売り上げが200億円を超えたあたりから、対応が難しくなったため、2001年4月から、日立物流(東京都江東区)にアウトソーシングしたという。


 「当社の生産工場は、鹿島、関東、大阪、三田、九州、第二九州の各工場と、全国に6か所あるが、その隣接地に日立物流の物流センターがあり、効率面での条件が合ったことや、対応がきっちりしていることなどから、同社に決めたのも理由の一つ」と同製薬営業管理部長兼安定供給責任者の宮田雅人氏は説明する。

ローカルニュース

松田商事 初の家族会を開く、家族同士で交流

2016年9月23日

 【滋賀】チャーター便、複合輸送のコーディネートなど、顧客にマッチしたロジスティクスを提供する松田商事(松田直樹社長、湖南市)は8月7日、家族会を開催した。これまで荷主企業や同業他社を招いてのイベントは行われていたが、従業員の家族向けのイベントは初めてとなる。年1回の社員旅行だけでなく、賞与を渡す際に従業員の奥さんへ商品券を一緒に手渡したり、社長自ら従業員の子どもらへクリスマスプレゼントを用意したりなど、一つひとつの心遣いが同社の風土をつくり出している。


 今回の家族会ではバーベキューのほか、同社の主力であるユニック車によるUFOキャッチャー、さらに、すいか割りなどが行われた。UFOキャッチャーでは、お目当ての商品を取るため悪戦苦闘しながらユニック車の操作をするお父さんの姿を、子どもらが見守った。また、別に用意された菓子の詰め合わせが配られ、子どもらに笑顔が溢れた。敷地内にはビニールプールも設置され、家族同士で交流を楽しんだ。

政治と物流

石井啓一国交大臣 「秋頃めどに第3弾の追加項目の選定を」

生産性革命本部第3回会合

2016年9月 1日

 国交省は8月31日、「生産性革命本部」の第3回会合を開催し、これまでに選定した13の「生産性革命本部革命プロジェクト」の具体化の状況を報告した。石井啓一国交大臣は「秋頃をめどに第3弾の追加項目の選定を行う」ことを発表した。


 物流部門では、 「業務効率」「付加価値」の向上の観点から、2020年度までに物流事業の労働生産性を2割程度向上させる目標の達成に向けて取り組む。2月の通常国会で成立した「物流総合効率化法(物効法)」を10月1日に施行し、共同輸配送、モーダルシフトの取り組みをさらに強化。物流に配慮した建築物の設計・運用ガイドラインの策定に向けた検討会を、秋ごろをめどに開催する。


 このほか、平成29年度予算概算要求に盛り込んだ「トラックの積載効率向上方策」の検討、「荷主連携による輸送効率化のための車両動態管理システム」「鮮度保持コンテナ」などの導入支援、「フェリーなどの利用情報一括検索システムの構築」 、「物流システムの国際標準化」についても取り組む予定で、今後は実証事業などを通じて、トラックドライバーの省力化状況やCO2削減率などの生産性の改善を示す政策効果の確認とデータ分析を行い、効果のある施策を横展開するとともに、得られた知見やデータを活用しながら、さらに生産性向上を図るための施策を展開するとしている。

 

運行管理者試験・過去問題・解答&模擬問題

運行管理者試験・過去問題

物流メルマガ

メールアドレス
お名前
貴社名

物流マンのための物流用語集

FaceBook